未分類

GB徳島ブログから転載

初心者のための5つのヒント | グレイシーバッハ 徳島 公式サイト|ブラジリアン柔術・護身術・格闘技道場
2017年8月30日 Category – お知らせ, GB BLOG

多くの初心者(特に格闘技に慣れていない人)にとって、
道場は独自の習慣を持つ場所で、たくさんの不文律があります。
あなたが最初に練習で気をつけることは何でしょう?
知らずに「誰かの足を踏んだり」
またはアカデミーのルールに違反することを避けるにはどうすればよいですか?
新しい生徒が柔術の練習を始めるための5つのヒントを以下に示します。

1)アカデミーの習慣と規則に注意してください

・多くのアカデミーは、壁にアカデミーのルールのリストを貼っています。
その中には、マットに入るときの礼であったり、先人と道場に対する敬意を表すものもあります。
他のルールの中には常識的なものがあります。
・クラスに遅れてきたときにウォームアップをスキップするような誘惑にかられないで下さい!
・マットの上に靴で上がらない!
バクテリアがマット表面に付着し、生徒に感染する可能性があります。
・インフルエンザや風邪で病気になった場合は、家で過ごして下さい。
病気を他のメンバーにうつさないで下さい。

2) “臭い人”にならないでください

・残念なことに、ほとんどの道場には「臭い」と呼ばれる人がいます。
あなたは自身の個人的な香りに気づいていないかもしれませんが、他のメンバーに注意させないで下さい。
ジムバッグにボディスプレーの缶を入れておく。
・練習相手を傷つけたり不快にさせないよう指と足の爪を短く切っておいてください。
・ドウギとラッシュガードはトレーニングの後に毎日洗って乾燥させなければなりません。
クラス後にジムバッグから出すのを忘れないで下さい。
・感染の危険がないように、小さな傷口はテープで覆うように注意してください

3)良い訓練のパートナーになる

・これは初心者のトレーニングパートナーのよくあることです。
技の受け手は「脱力」し過ぎないで下さい。
あなたは実際のシチュエーションに適した体勢を模倣する必要があり、
力を抜き過ぎてグニャグニャだと相手の練習になりません!
それとは反対に力を入れ過ぎるのもよくないことです。
段階的に負荷を増やすのが最適な練習方法で、力は入れ過ぎても少な過ぎてもいけません。
・タップ!ちゃんと早めにタップして下さい。
あなたが怪我をすると、パートナーは罪悪感を感じてしまいます。
早めのタップはあなたの責任です!

4)集中してください!

・道場に来た時は練習に集中しましょう。
先生がテクニックを解説している間は話をしないでください。
悪いマナーの中でも究極です!
周りの人をも不快にさせます。クラスを中断させないでください。
・クラスでやっているテクニックを練習してください。
Youtubeで見たような動きに陥ってはいけません。
・パートナーも練習のために道場に来ており、
おしゃべりで相手の集中を削がないようにして下さい。

5)オープンな姿勢を持つ

・新しいスキルを習得する時というのは、その人の物事の考えかたをテストすることができます。
オープンでポジティブな態度を維持しなければなりません。
他の格闘技から来て、様々な知識に精通している人もいます。
しかし知識のカップが一杯になっているときに人は学ぶことが難しいものです。
他の人の方が柔術の知識や経験を多く有しているなら、素直に耳を傾けるべきです。
・タップすることはトレーニングの一部です。
そんなことで落胆しないでください。
これは誰にでも起こることです!
・初めて練習するテクニックは上手く行かないかもしれません。
しかしそれはあなたが下手だということではありません。
より多くの練習が必要なだけです。
簡単にテクニックの練習をやめないで下さい。

新年度です!

只今、入会金無料キャンペーン中

グレイシーバッハ(グレイシー柔術)

毎週(月曜日、水曜日、金曜日)

20時〜

TEL  090-7876-7293

洲本市小路谷292

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031